名刺は業者に依頼する?自分で作る?

名刺を作ることになったら、あなたはどうやって作りますか?

名刺を作る方法として、以下の3つの方法が挙げられます。


名刺屋さんに依頼する方法

ビジネスで使う場合は名刺屋さんに依頼して作ってもらうのが一番です。
自作の名刺をビジネスで使うのは、質がある程度のレベルに達してからにしましょう。
名刺交換は、初対面の挨拶に使われるものなので、表情やしぐさだけでなく、名刺もどんな人かを観察する材料に含まれます。
特に、フリーでお仕事をされている方は自作の名刺を使うかどうか慎重に判断しましょう。


印刷のみをインターネットの印刷屋さんに依頼する方法

名刺デザインは自分で行い、一気に100枚ぐらいの名刺を印刷する場合は、印刷屋さんに依頼してみてはいかがでしょうか?
名刺の印刷では、100枚を一つの単位としているところが多く、インターネットの印刷屋さんでは、100枚でもかなり低価格で印刷してくれます。
少量の場合は、自分で印刷するのもいいですが、大量の場合はコストだけでなく、時間的にも印刷屋さんに依頼されるといいでしょう。

しかし、ほとんどの印刷屋さんがIllustratorソフトのデータで入稿しなくてはならないので、
慣れていない方にはちょっと敷居が高いかもしれません。
しかし、思い通りのデザインの名刺ができあがるので、名刺を作ることに慣れてきたら、挑戦してみるのもいいのではないでしょうか?


名刺デザインから印刷まで自分で行う方法

プライベート用の名刺は自分で作ってみてはいかがでしょうか?
常識から逸脱した個性的な名刺でもプライベート用だと愛嬌ですむので、思い通りの名刺を作ることができます。
思い通りの名刺を作るには、ある程度のスキルが必要となりますが、思考錯誤しながら作るのも楽しいですね。

印刷を印刷屋さんに依頼する場合は、Illustratorで作る必要がありますが、WordでもExcelでも簡単に名刺を作ることができるので、一度お試しください。


名刺作成に必要な道具

最低限、「紙」と「筆記用具」があれば、名刺を作ることができます。しかし、大量に作るとなるととても大変なので、パソコンを使って作ることが一般的です。では、パソコンで名刺を作る時に必要な道具を見ていきましょう。

ソフトウェア

大抵の名刺は、文字だけで構成されています。プライベート用の名刺をつくるのであれば、以下の作業ができるソフトを選ぶようにしましょう。

  • 文字入力ができる
  • 文字を自由に配置できる
  • 文字の大きさを変えることができる

また、地図やロゴマークなどの画像を入れたりするなど複雑なレイアウトを行いたい場合は、
専用のソフトを使うのが一番ですが、WordでもExcelできるので挑戦してみてはいかがでしょうか?

プリンター

パソコンで作った名刺を印刷するには、プリンターが必要です。
家庭で使われているプリンターは、インクジェットのものが主流となっていますが、名刺を印刷するのは、それで充分です。
最近では、写真をキレイに印刷するために、6色インクや8色インクのタイプも販売されていますが、文字だけでデザインされた名刺を作るのであれば、4色インクのタイプでも充分に対応できます。

インクジェットプリンターを使う上での注意事項は、インクジェット用の印刷用紙を使うことです。
普通紙でも印刷はできますが、文字がにじんでしまうので、やはり専用紙を使うのが一番です。

スキャナー

スキャナーを活用すると、イラストや自筆文字など、さまざまな画像を取り込んで名刺のデザインに活用することができます。

デジタルカメラ

デジタルカメラで自分やペットなどを撮り、そのデータを使って顔写真入りの名刺を作ることができます。



〒359-1151
埼玉県所沢市若狭2-2591

TEL 04-2947-3144
FAX 04-2947-0444

お問い合せはお気軽に